Kバレエ ゲート

Teachers教師紹介

教師窪田 央Ou Kubota

窪田 央

プロフィール

18歳よりバレエを始め、ティアンヌ マリオ バレエにて、ぬのめさちに師事。
1995年、チャイコフスキー記念東京バレエ団に入団。
古典バレエでは、『眠りの森の美女』『白鳥の湖』『くるみ割り人形』『ジゼル』『ドン・キホーテ』『ラ・シルフィード』に出演。『春の祭典』ではリーダーを、『火の鳥』ではパルチザンを踊る。
ノイマイヤーの『時季の色』、その他ベジャール、キリアン、バランシン等の作品に出演。
1996年の第15次海外公演から第20次海外公演まで参加。
ヨーロッパ、南米、中国等を巡演する。
2004年退団。アルゼンチンタンゴを始める。
2008年『タンゴリベルタ』等日本のタンゴを象徴する舞台に出演。海外のトップスターと多数共演する。
2009年アルゼンチンタンゴ世界選手権アジア大会 ステージ部門3位入賞
2010年アルゼンチンタンゴ世界選手権アジア大会 ステージ部門優勝
2011年帰福
現在は、フリーのステージダンサーとして、バレエ、タンゴ、オペラ、演劇等の舞台に出演。
また、講師としても全国で活動中。
自身のダンステクニックの向上と、ボディメンテナンスの為に2012年にジャイロトニック®を始める。
2015年ジャイロキネシス®認定トレーナー
2018年ジャイロトニック®認定トレーナー2019年ジャイロキネシス®認定プレトレーナーになる。
ダンスやスポーツのボディコントロールの向上だけでなく、日常生活をより快適に過ごせるようなセッションを提供。ダンススタジオでのクラスを中心に活動中。